研究班

当科では、多岐にわたる耳鼻咽喉科疾患の中で、疾患ごとに専門外来を設け診療・検査を行うとともに、各研究班による臨床に即したさまざまな研究活動を活発に行っております。
各研究班の研究内容をご紹介いたします。

耳科領域

慢性中耳炎班
○中耳真珠腫の成因(進展メカニズム)解明と治療法について
・表皮細胞の増殖,分化,細胞死について
・鼓膜上皮のmigrationの機序の解明
・遺伝子解析
・真珠腫上皮の進展を抑制する遺伝子導入,DDS の開発
・真珠腫の保存的治療の開発
・疫学調査
・データベースを利用した手術・治療データの解析
○中耳真珠腫,癒着性中耳炎の手術法に関する研究
・術式の検討
・粘膜の再生医学
・バーチャルリアリティを用いた安全な最新手術法の開発

滲出性中耳炎班
1.滲出性中耳炎や慢性中耳炎,中耳真珠腫等の含気蜂巣抑制の成因について
2.抑制された含気蜂巣例での炎症病態の解明
3.含気蜂巣の抑制された中耳の治療方法
4.中耳含気腔におけるガス換気と中耳炎症病態との関係の解明
5.中耳含気腔圧と滲出性中耳炎の予後の検討
6.急性中耳炎と起因菌の薬剤耐性について
7.成人滲出性中耳炎の発症原因と病態解明についての検討

耳管班
1.耳管開放症の病態及び治療法に関する研究
2.中耳真珠腫、鼓膜癒着症における耳管機能および中耳病態の解明
3.中耳炎が誘因となる耳管開放症についての検討
4.中耳真珠腫における耳管の画像解析とその有用性
5.n-CPAP施行時の耳管開閉能に関する検討

神経耳科班
内耳に関連する神経の病態を基礎的実験から臨床応用まで幅広く研究を行っています。
宇宙開発事業団や航空医学研究センターとの共同研究などにも携わり、宇宙酔いや動揺病の研究、空間識失調の機序解明の研究を詳細に行ってきました。 現在は、メニエール病の発症とその環境因子、それらに対する抗不安剤やセロトニン作動系薬剤の効果を検証しています。 また超短時間型、短時間型の睡眠導入剤服用によるふらつきを、静的・動的平衡機能検査を用いて検証し、その結果について逐次報告を行なっているところです。 また、3次元足圧解析装置を世界で初めて完成させ、健常人の平衡機能を詳細に研究し始めたところです。

難聴班
全身疾患(現在は特に小児科から依頼を受けた代謝疾患が主)に伴う難聴症例の検討、人工内耳手術症例の検討など、臨床と関連づけた検討を行っています。また、信州大学が中心になって行っている「難聴の遺伝子解析と臨床応用」の研究に共同参加するなど精力的に活動しています。

耳鼻咽喉科学教室について

診療案内

附属病院(本院) 外来担当表

外来受付時間診療開始時間
午前8時 - 午前11時午前9時 -
午前11時 - 午後3時午後1時30分 -

休診日 日曜日、祝日、年末年始

詳しくはこちら
葛飾医療センター
診療案内
附属第三病院
診療案内
附属柏病院
診療案内

臨床研修について

詳しくはこちら

教室紹介MOVIE

詳しくはこちら
ページトップへ戻る