よくある質問

Q1. 勤務体制はどのようになっていますか?

A1.
勤務先によって多少異なりますが、大学附属病院ではレジデント1年目は主に病棟、手術助手、簡単な手術の術者などがおもな仕事になります。2年目以降から徐々に外来(午後初診当番)を担当するようになりますが、専門外来などについては専門医取得後から担当していただきます。

Q2. 当直回数を教えてください。

A2.
宿直もしくはon call体制など勤務先によって異なります。当直回数は月に4回程度です。できる限り、翌日に 負担がかからないような勤務体制をとっています。

Q3. どのような研究領域が選べますか?

A3.
耳鼻咽喉科で取り扱うほぼすべての分野においてエキスパートいるため、多彩な領域から選択が可能です。

Q4. 学会および論文はどの程度発表できるのですか?

A4.
耳鼻咽喉科専門医を取得するにあたり、今後は論文執筆の義務化が予想されます。最初は症例報告などから執筆をしていただき、できる限り1年に1本以上の執筆ができるよう、上級医が指導医となる体制をとっています。また、学会発表も地方部会などからはじまり、専門学会、日本耳鼻咽喉科学会、国際学会など年1回以上の発表ができるような体制です。

Q5. 留学制度について教えてください。

A5.
国内・国外共に過去の留学先に限らず常に2〜3人の留学生が派遣されています。

学生・研修希望の方へ

診療案内

附属病院(本院) 外来担当表

外来受付時間診療開始時間
午前8時 - 午前11時午前9時 -
午前11時 - 午後3時午後1時30分 -

休診日 日曜日、祝日、年末年始

詳しくはこちら
葛飾医療センター
診療案内
附属第三病院
診療案内
附属柏病院
診療案内
ページトップへ戻る