MENU

ここは日本の耳鼻咽喉科の発祥の地。
歴史ある医療機関だからこその、
誇りがあります。

日本の耳鼻咽喉科の発祥の地-1 日本の耳鼻咽喉科の発祥の地-2 日本の耳鼻咽喉科の発祥の地-3

1892年。
その時、日本の耳鼻咽喉科の歴史がはじまりました。

当教室の歴史は、1892年(明治25年)にさかのぼります。
金杉英五郎先生が、内科系・外科系に分かれていた学問を「耳鼻咽喉科学」としてまとめたのがはじまりです。それは日本のみならず、世界でもはじめての試みでした。以来、数多くの医師を輩出。国内の耳鼻咽喉科を牽引し続けています。

継承される、医師としての哲学。
吸収してほしい、エキスパートとしての礎があります。

「病気を診ずして、病人を診よ。」とは本学の創設者である高木兼寛の言葉です。
この精神は耳鼻咽喉科だけでなく、全学科に共通の想い。慈恵が臨床に強いと言われるゆえんです。他学からの入局者も多数抱えている耳鼻咽喉科学教室にも、医師としての哲学は、いまでも脈々と受け継がれています。

沿 革

1881年 (明治14年)高木兼寛により「成医会講習所」が開設(日本最古の私立医学校)
1887年 (明治20年)東京慈恵医院に改称
1890年 (明治24年)東京慈恵医院医学校を開設
1892年 (明治25年)日本ではじめて学科に耳科、鼻咽喉科が加わる。東京耳鼻咽喉科医院を開設
1893年 (明治26年)第1回耳鼻咽喉科総会を開催(金杉英五郎が初代会頭)。耳鼻咽喉科雑誌を刊行
1897年 (明治30年)第1回大日本耳鼻咽喉科学会を開催
1921年 (大正10年)東京慈恵会医院医学専門学校が東京慈恵会医科大学に昇格(金杉英五郎が初代学長)
1958年 (昭和33年)耳鼻咽喉科展望を刊行

歴代教授

初代教授 金杉 英五郎

初代教授 金杉 英五郎

二代教授 佐藤 敏夫

二代教授 佐藤 敏夫

三代教授 佐藤 重一

三代教授 佐藤 重一

四代教授 高橋 良

四代教授 高橋 良

五代教授 本多 芳男

五代教授 本多 芳男

六代教授 森山 寛

六代教授 森山 寛

七代教授 小島 博己

七代教授 小島 博己

診療案内

附属病院(本院)

外来受付時間
午前 8 時 - 午前 11 時
午前 11 時 - 午後 3 時
診療開始時間
午前 9 時 - 午後 1 時 30 分
休診日
日曜日、祝日、年末年始
受診のご案内 外来スケジュールはこちら 葛飾医療センター 附属第三病院 附属柏病院